トップページ>堆肥の施肥と植替え

オウトウ(さくらんぼ) の根の呼吸作用は他の果樹と比べて、特に活発なので根に対して十分な酸素の供給が必要です。従って土壌の下層まで透水性が良く、根が自由に伸びられる土壌が必要です。

決め手は土づくりです。堆肥など肥料を施用し土壌養分を豊富にしていきます。牛糞堆肥(有機物)には様々な肥料成分が含まれており総合肥料的な効果が期待でき、また土壌腐植が増加し保肥力、保水力が増大します。
また堆肥(有機物)が土壌に混じるために空間ができ、かつ土壌の団粒化を促進するため通気性と透水性が高まり、根の活力が高まります。

牛糞などの堆肥は必ず完熟堆肥化してから施用します。
果実収穫後に花芽・葉芽の分化充実が行われるとともに根や枝に貯蔵養分が蓄えられるために、基肥施用まで適度の肥料成分が必要なので、樹勢を見ながら礼肥を施用します。
また翌春の生育のために基肥を施用します。

樹が枯れてしまったら、別の圃場にある樹を使い植替えをします。バックホーなどの機械を使い植え穴を掘り、植え付けます。
植え穴にも、直接に根が触れないように堆肥を入れ土壌改良していきます。