ブロードバンドルータの狙った攻撃への対応について

 
日頃より白根ケーブルネットワークをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
ここ最近、お客様がお使いのブロードバンドルーターのDNSオープンリゾルバ機能を狙ったDDos攻撃が全国的に発生しており、しらネットでも海外からの攻撃を確認しております。
 
[参考サイト]
http://www.jpcert.or.jp/at/2013/at130022.html
https://www.nic.ad.jp/ja/dns/openresolver/
 
 
お客様のブロードバンドルーターがこの攻撃を受けると以下の様な現象が発生します。
 
・インターネットに接続できない
・インターネットへの接続が不安定
 
以下のサイトで、お客様のブロードバンドルータが、攻撃の対象となるオープンリゾルバか否か確認できます。オープンリゾルバと確認された場合は、早急にご対応下さいますようお願い致します。
 
[オープンリゾルバ確認サイト]
http://www.openresolver.jp/
※ページ最下部の「オープンリゾルバの確認に進む 」よりご確認下さい。
 
この攻撃への対処は、ブロードバンドルーターにて行う必要があるため、製造メーカーにお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。
尚、ブロードバンドの製造メーカーによっては、この問題に関する情報提供を行っておりますので、必要に応じてご参照ください。
 
●バッファロー
http://faq.buffalo.jp/app/answers/detail/a_id/15422/p/0,1,2,62,7547
●NEC
http://jpn.nec.com/security-info/secinfo/nv13-007.html
●I・O DATA
http://www.iodata.jp/support/information/2013/openresolver/
●YAMAHA
http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/Security/open-resolver.html
 
 
この問題により、運用上支障がでるような状況に至った場合は、お客様側ネットワークへのDNSリクエストを制限する対策を取らせて頂きますので、ご承知下さいますようお願い申し上げます。
 
※基本的に上記対策によりお客様に不都合がでる事はございません。